« | トップページ | 京都での初めての植栽小学校 »

2010年12月31日 (金)

茨木のり子さんの詩―カンナの咲く駅根府川駅(小田原)

.
101231_124001

          根府川駅            小田原城    22000448_1851_1jpg_2

101124_135702

101124_135701.101124_120002

  根府川の駅を見下ろして・・(photo橘)    片浦小学校6年生と・・(photoカンナ大使酒井)

東海道線の小さな駅根府川。
小田原と熱海の間にある駅です。

新幹線が走るようになってからは、利用者が激減して1日の乗降客は約1300人。1988年から無人駅になってしまった駅です。

この駅は『赤いカンナの咲く駅』です。

詩人の茨木のり子さん(1926〜2006)の詩が駅舎に掲げられています。今では見る人もいないと言われています…。
戦争中に、電車で通う女学生だった茨木のり子さんの思い出の駅なのでした。
戦争も終わり大人になった茨木のり子さん、詩人になった茨木のり子さんが、その頃を懐古して書いた詩
「根府川の海」の中で咲いていたのは『赤いカンナ』でした。

今もカンナは咲いています。しかし赤いカンナがなくなって来ているそうです。「根府川の駅を再び赤いカンナが咲く駅にしよう!」「赤いカンナは平和な日常の尊さを教える鎮魂の花」という記事が朝日新聞8月14日の夕刊に載っていた。
この新聞を送って下さった若いカンナ大使の方がいらっしゃいます。Wさんです。
是非広島の子どもたちが咲かせたカンナの球根を植えてほしい、赤いカンナをまた咲かせてほしいと思いました。

……忙しくしている内にはや10月も半ばを過ぎた頃だったでしょうか…やっと根府川に連絡しました。

自治会長のAさんに球根を送りたいと伝えますと、町を案内します。小学校にもお連れします。とおっしゃってくださいました。 それなら、是非、小学校の子どもたちにカンナの講演・演奏会をさせていただけないかと相談したところ、急な申し出にも関わらず、校長先生のご快諾をいただき、植栽と講演・演奏会をすることができました。

11月は野澤さんの舞台が中旬で千秋楽を迎えるので、演奏ができることになりました。

少人数の小学校で、合併になる危機にある学校だそうです。なんとか存続させたいとのこと、是非カンナを植えて、根府川の駅と小学校から平和の花咲く町を提唱して、茨木のり子さんの詩も読んでほしいと思います。

根府川の子どもたちも元気で素直でした。ワークショップの時の問いかけにもよく答えてくれました。

地域の方々もいらして下さいました。ありがとうございました。

神奈川のカンナ大使のSさんがスタッフとして同行して下さいました。
ありがとうございました。

夏にカンナが咲く日を楽しみにしています。

また、会いに参ります。

Aさんまたお目にかかれることを楽しみにしています。
急な申し出にも関わらず親切にご案内下さいましてありがとうございました。

根府川の町にたくさんカンナを咲かせて下さい。

« | トップページ | 京都での初めての植栽小学校 »