« 会津のカンナ大使Hさまから | トップページ | キャシーありがとうございます。 »

2011年3月17日 (木)

核爆弾の放射能にも負けないでたったひと月で咲いた真っ赤なカンナのリレーお願いします

カンナ大使の皆さんへ

このたびの東北・関東大地震で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。また、失われた命に対して、ご冥福を祈ります。言葉が見つからなくて・・・お許しください。

地震当日は、橘も帰宅難民になり帰宅は翌朝でしたが、おかげさまで大事なくおります。

福島のカンナ大使Hさんもご無事です。もう一人の福島出身のカンナ大使Aさんのご親戚は行方不明です。・・・・言葉が見つかりません。

その方のお嬢さんの嫁がれた先の山形の旅館は、被災者の受け入れで無償で旅館を開放していらっしゃいます。

早く自体が収拾に向かうこと、新たな被害が起きないことを深く深く祈ります。

そして・・・、原子力発電。まさしくカンナ・プロジェクトです。

広島原爆にまけないでたったの一ヶ月で咲いた真っ赤なカンナの球根を一緒にリレーしましょう。
どこか一校でよいです。カンナ・プロジェクトの橘凜保の志に出会い一緒にカンナを咲かせて下さったカンナ大使の皆さんの志をリレーしていきましょう!株分け植栽をリレーして下さい。今なら世界中の人の心にカンナの花=平和の花が咲きます。核は原爆や戦争だけではありません。
原子力発電でも使われないで済むような電気の使い方を考えて、核の恐怖を無くしたいです。

テレビで伝えられるメッセージ、寄付、優しいコマーシャル、こんなに世界中が気持ちをひとつにできたのは初めてだと思います。
私もがんばってカンナを咲かせます。
今なら世界中の人の心にカンナを咲かせられると思います。平和の花が咲きます。被災地にカンナを植えて生きる勇気と希望を伝えます。
カンナ大使の子どもたちのメッセージを添えて球根を届けます。
被災地が落ち着いたら始めます。目に見えない恐怖、原爆だけでなく核を使わない世界にしたいです。

今、卒業式を控え、お祝いの手紙を書いていました。以下を付け加えようと思います。

貴校のカンナもどこかにメッセージをつけてリレーして下さい。一校でもよいので伝えて下さい。
今こそカンナ大使としての役目をがんばりましょう!カンナをバトンに世界中の人の心に平和の花を咲かせられると思います。
今こそ…原爆だけでない、危険な原発でも核が使われない世界をカンナで優しく呼びかけることができるでしょう。一緒にリレーしてカンナを咲かせて下さい。
そして、これ以上怖いことが起こらないように祈りましょう。

カンナ・プロジェクト
カンナ大使代表
橘凜保

.詳しくはまたメールいたします。

« 会津のカンナ大使Hさまから | トップページ | キャシーありがとうございます。 »