« 絶望は望みを絶つとかきます | トップページ | カンナ大使認定者が99人になりました »

2011年3月24日 (木)

カンナ・被災地プロジェクト希望のリレー

カンナ・被災地救済プロジェクト『 希望をつなぐ真っ赤なカンナリレー!』
『絶望』とは『望み』を『絶つ』と書きます。 望みを絶たなければ絶望はありません!
絶望と思われる中にも希望はあります。

広島原爆投下後1ヶ月で爆心地から820mに真っ赤なカンナが咲きました。人々に生きる勇気と希望を与えました。

私は、60年間忘れられてしまっていた、この素敵なカンナのことを六年間伝え続けています。
子どもたちとカンナの花を咲かせて球根を株分けしてバトンにして平和と生きる勇気と希望をリレーしています。

これに続けて生きる勇気と希望を与えられる話を繋いで下さい。
希望の花を心に咲かせるリレーです。

①原爆投下後1ヶ月で爆心地から820mの瓦礫の焦土に真っ赤なカンナが咲きました(橘)→②被災地の小学校で津波に飲み込まれた金庫の中から卒業証書が出てきて子どもたちに授与されました(YT)→③津波に飲み込まれた町で姪が奇跡の生還を遂げました(TK)→④10日もたったのに80歳の女性と孫が助かった(MT)→続けて下さい


.


« 絶望は望みを絶つとかきます | トップページ | カンナ大使認定者が99人になりました »