« 香取神宮にカンナを咲かせる? ① | トップページ | 香取神宮にカンナを咲かせる? ③ »

2011年4月28日 (木)

香取神宮にカンナを咲かせる? ②

あわてず、あせらす、あきらめず……信念を持ってことにあたりたいと思っています。

ますは、丁子のカンナ大使No.85と100のMさんのまわりからカンナを植えましょう。

そして、もうおひと方、四年前にMさんのレストランでの公演にきて下さいましたH先生がいらっしゃいます。大蔵小学校に咲かせて下さることになりました。子どもたちに伝えられることは大切でありがたいことです。

今回の丁子でも、小さなかわいい子どもたちが植えてくれました。

ありがとう。この球根たちは、広島市内の小学校、戸坂、大州、基町、幟町、白島、矢野西、矢野小学校の株分けを我が家で咲かせた孫の球根です。 戸坂の子供たちからの寄せ書きつきです。

どうぞ大事に育てて下さい。本当に大切場大切な球根です。

また、香取のみなさんの心がプラスされて次にリレーされる球根です。どうぞよろしくお願い致します。

自分の意志というより自然の摂理に逆らわないでいると巡り合わせて下さる不思議な力を頂くことばかりです。感謝感謝の人生です。
この度も、そんな不思議な巡り合わせをたくさんいただきました。

香取神宮の宮司さまにお目にかかることができたのです。

4月6日FM放送に突然出演することになったこともまさしく不思議な巡り合わせでした(過去のブログを参照下さいませ)

そして、その時、その場にいらしたKさんという方に、声を掛けていただきましたことも不思議な巡り合わせでした。
名刺を持っていなかったため、友人にお持ちした出来立てホヤホヤの、今回の隠れ被災地の企画のチラシをお渡ししたのです。
Kさんは、後からご連絡を下さり、カンナ大使になって下さいました。なにかできないかといろいろお話くださいました。親身になって考えて下さり、アドバイスなどもして下さいました。

カンナ大使を3人連れて来て下さったり……。

その日も、今回のカンナ植栽を断られたMさんの話しなどしておりましたところ、「神社新報社に知り合いがいるから紹介するよ」と連れて行って下さいました。

神社新報のIさまは大変お忙しい中をお会い下さいました。

始めは怪訝そうでしたが、カンナ・プロジェクトの経緯や想いをお話申しあげると、「とってもいいことだから宮司さんに話してみましょう。」と言って下さいました。

「ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」とお礼を申しあげて帰りました。

私には『そうなったらいいなあ』という想いはあっても、『なにがなんでも』というもとは思いません。ご縁があればきっと会えると思います。

翌日の昼、Iさまからお電話があり、宮司さまがお電話下さいとのこと、電話番号をお知らせくださいました。
すぐに宮司様にお電話いたしました。とてもうれしいことに良い感じで受け止めて下さったように感じました。
「明後日よろしくお願いいたします」とお参りの時間をお伝えしてお目にかかる約束をいたしました。

すぐに、I様K様にお電話でご報告申しあげました。
「良かったですね」と喜んでくださいました。
お二方のお陰様です。

4月22日、香取に出かける2日前のことでした。

« 香取神宮にカンナを咲かせる? ① | トップページ | 香取神宮にカンナを咲かせる? ③ »