« 香取神宮参拝ー香取に素敵な仲間たちが…… | トップページ | 香取神宮にカンナを咲かせる? ② »

2011年4月28日 (木)

香取神宮にカンナを咲かせる? ①

香取神宮にカンナを咲かせる? ①
今回のカンナ・プロジェクトは千葉県香取市丁子で植栽をしました。田んぼの真ん中にある町です。「丁子」と書いて「ようろご」と読みます。
御輿の担ぎ手の氏子さんたちのことをそう呼ぶことから付いた地名だそうです。
一度行ったことがあり、田んぼの真ん中でしたから、近くの神社というのは小さなほこらを想像していましたら、神宮と名のつく立派なお宮さまだったのです。(申し訳ございませんでした。認識不足お許し下さい)
参道にはお土産やさんが軒を連ね本宮までは歩くと結構時間がかかります。

参道の灯籠は倒れたままのものもたくさんあり、今回の地震の隠れ被災地と改めて認識しました。

今回この企画をした時に香取神宮を調べても大きな神宮だとは全く気づきませんでした。

この辺りは、大昔から地震が多く、それは地底にいる鯰の仕業だと言われていました。
この大鯰は鹿島神宮までも届く大きさでした。そこで、香取神宮と鹿島神宮では石の柱を地中に打ち込み鯰を押さえたといわれていることがわかりました。

その石を『要石』と言って、香取は凸鹿島は凹、の要石が祀られているそうです。地元のMさんは知らなかったそうです。
私からの連絡ですぐに神社に行って確かめて下さいました。
『要石』あったと電話がありました。

私は、そのような神社だったことを、今回の企画をしなければしらないままだったかもしれません。

まさに、3月11日からもうひと月半も続いている地震が何とか鎮まってほしいと思う毎日でした。
今回の企画から、このような地震に関係のある神社に導いていただきました。 始めは表から皆さんとお参りしようと思いましたが、中に上がって正式参拝することにいたしました。

何とか地震が鎮まりますよう参加者で正式にお参りしたいと思ったのです。

できれば、神社のまわりにカンナを咲かせられたらよいなと思いました。

そんな話しをMさんにすると、Mさんは、地元の花を植えている団体に「カンナを植えられないですか?」と訊ねて下さったそうです。

しかし、結果は「No」
残念というお電話がありました。

ありがとうございます。いやな思いをさせてしまってごめんなさい。しかし、残念ながらそんなに簡単ではないのです。
ただカンナを植えるというだけでは理解していただけないのが現状です。

いままで私がたくさんの植栽をしてきましたのも、ご縁と気長な自然の流れと筋道、そして、カンナを伝えるという真剣な熱意……これらがそろって初めてリレーされるので、慌てないでじっくり取り組みましょうとMさんにはお話いたしました。

でも、Mさんのお気持ちは有り難く感謝いたします。Mさんが、本当にカンナを何とか伝えたいという真剣なお気持ちがうれしいです。
ありがとうございます。本当に感謝です。
きっと嫌な思いをさせてしまったと思います・・・・。

今回はお参りさせていただき、もしお話できるようなら、カンナのことお話させていただきましょう ということになりました。

つづく

« 香取神宮参拝ー香取に素敵な仲間たちが…… | トップページ | 香取神宮にカンナを咲かせる? ② »