« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

広島カンナ大使の学校に緊急連絡です

橘です。カンナ大使の学校の皆さま、緊急の連絡をさせて下さい。 今、東京の橘は完璧に絶対時間が足りない危機にあります。
一校一校に連絡が間に合いません。大変申し訳ございませんが、このブログでお知らせ申しあげます。

用件

6月13日14日宮城に行くことがきまりました。RCC からの依頼で、広島からリレーされるカンナの植栽を取材したいとのこと。
そんな話しのあったあと、ひょんなご縁から、宮城で40校で植えることになりました。うれしい悲鳴です。
今年は海外も他県も株分けは休みます。すべてを東北に株分けします。
皆さまにお願いです。
各学校から株分け球根を送って下さい。
福島のカンナ大使さんが、一緒に行って下さいます。必ず10日必着夜便でお願いいたします。貴校の球根を送って下さい。
このブログを読んで送って下さる学校はお返事下さいませ。返信先が変わります。以下のアドレすにお願いいたします。


まとめます
緊急連絡
カンナの球根送って下さい!
○送り先
福島のカンナ大使 星勝義様
〒9650032
福島県会津若松市旭町4ー19

○電話09028498867
○必着でお願いいたします。6月10日夜便

○送料ご負担下さいませ ○学校名、個数がわかるように明記下さい

○お返事下さいませ。

 メールアドレス  cannarelay@gmail.com

 ブログのコメント受付も出来ますのでよろしくお願いします。

.

2011年5月27日 (金)

お父様の代わりに、田辺さんを広島にお連れしたい

カンナの球根は、先日、友人が調べて下さったら、市販では一個430円もするのだそうです。
田辺さんは、確か、原価は180円だとおっしゃってました。 本当に有難いことです。感謝しています。
田辺さんが球根はいくらでも下さるとおっしゃって下さり、今度は、ご子息さまが送って下さるといって下さいました。

球根の代金のことも有難いのはもちろんのことながら、もうひとつ忘れてはならないのは、送るための手数の大変さです。
私も、学校から球根を預かり、自宅に仮植えしていますからよくわかります。
植えたり掘ったり、それぞれの学校が混ざらないように立て札を書いて立てています。管理するのは大変です。
田辺さんは3年間大変な思いをして、黙って協力して下さいました。私とは数が違います。私はどんなに感謝しているか…本当に大変なことを、有難いことだと思っています。

昨年秋から、お父様の後継者としてお仕事を継がれただけでも大変なのに、カンナの球根も助けて下さるご子息に、少しでもお手数をかけないようにしなくてはと思います。

人の善意でつないでいるカンナのリレー。このリレーそのものの和が平和を象徴していると思います。

田辺さん、本当にありがとうございます。
お父様を広島にお連れすることができなかったことが残念でなりません。

広島に咲いているカンナをみたいな!広島の子どもたちに会いたいとおっしゃってました。
11月に一緒に行こうとおっしゃってました。

いつか、田辺さんのご子息さまに、田辺さんの代わりに広島の子どもたちに会って頂くために、広島にお連れします。

そのためにも、私はもっと働かないと!

カンナのお礼に旅費を捻出したいと思います。

広島に田辺さんをお連れするときは、『平和カンナサミット』を開きたいです。難しいことではなく、田辺さんの労をねぎらう会をお願いいたします。
カンナ大使の皆さま、広島の学校の皆さま、是非、その時は一緒に計画して下さい。お願いいたします。

是非田辺さんに会って下さい。


連絡がゆきとどかない お詫び

先日、私からのカンナ大使の皆さまへの一斉連絡が届かなかった方からメールを頂きました。

全員に送っているつもりなんですが、電波の関係で送信できていないのに気づかなかったり、抜かしてしまったりしたことがあるかもしれません。もし、送れていなかった時はお許しくださいませ。
なにせ、一人で仕事もしながらで、事務処理が滞りがちです。特に、パソコン関係はあまり得意ではないですから、もっと改善しなくてはならない方法があると思います。 毎日やり残してしまう仕事があるくらいですから、なかなか学ふ時間がないと言うのが実際です。カンナ大使も120人になり、いよいよ連絡方法を考えなくてはとは思っています。 万が一、メールが届かなかったときはお許しくださいませ。 どうかお許しください。しかも、決まるのも間際ですから、急な知らせは困るとおっしゃる方もあるかもしれません。できる時にできることをできるだけの精神で、急でも参加なされれる時だけで構いませんので、どうぞよろしくお願い申しあげます失礼をしていることがありましたらお許しくださいませ。
こてされからもよろしくお願い申しあげます。


2011年5月26日 (木)

どこにも売ってない特別なカンナの球根

Cannakyuukon
.

カンナ・プロジェクトを始めて7年目になりました。
始めは忘れ去られてしまったカンナを知らせるという『使命』をカンナからもらったと思いました。いつしか、カンナを咲かせるという自分自身の『志』が加わり『カンナのリレー=平和と希望のリレー』となりました。

広島の土と広島の子どもたち(幼稚園から大学生まで)によって育まれた球根は、日本全国14都府県45校へリレーされました。 世界にもリレーされました。フランス、モンサンミッシェル・スペイン・香港てす。
始めて広島には雪の降るところがあることを知って、『子どもたちが育てたのに、もしも、花が咲かなかったら悲しむ』と思い、辿りついたのが須坂の田辺さん(2010年9月29日ご逝去)でした。(エビソード詳細は冊子、ブログに掲載)

翌年、須坂には恩返しにとカンナの球根を里帰りさせたら、『里帰り広島平和カンナ街道』というのを新たに作って下さいました。田辺さんはじめ三木市長さん、市役所の方々もカンナ大使になって平和と希望の街道を育てて下さっています。
カンナのリレーは平和と希望と愛と善意のリレーです。今は亡き田辺さんは、空から毎日、世界中に植えられたカンナを見守って下さっています。

球根の株分け植栽リレーは実は大変な作業なんですよ。
①まずは、広島で植えて下さる学校を探す。
②一校一校、カンナプロジェクトの説明をして賛同を得る
③須坂に頼んで送っていただく
④広島の学校で植えて咲かせて頂く
⑤翌春、各学校をまわり球根を掘り起こしに行く。
⑥新たに植えて下さる広島の学校を探し、須坂から送っていただく。
広島で咲いた球根を株分け植栽する他県の学校を探し、植える。
⑦広島で子どもたちが咲かせるた球根を、翌年、また、次の学校にリレーする。
☆リレーした学校にはどこの学校からリレーされたか伝えています。
☆広島の学校にはどこにリレーしたか伝えています。
☆学校同士で交流する ことを橘は望んでいます。

シリアルナンバーを付けて管理しています。
球根は田辺さんと須坂市が私のカンナプロジェクトに賛同して下さり送って下さいます。
ですからカンナプロジェクトのカンナの球根は無料です。
☆しかも、必ず広島で咲いたカンナの球根です。
☆子どもたちの気持ちが込められた球根です
☆橘の気持ちと志のこもった球根です。

大切なのは、このルートを経てリレーされている尊い球根だということです!
面倒かもしれませんが、ただカンナの球根を買って植えるのではありません。 原爆を伝え、平和を愛し、勇気と勇気をつなぐ球根です。
たくさんの人たちの愛と善意、平和への祈りのリレーです。

お金はいりません。その代わり、大事に育てて下さい。天国から田辺さんが見守って下さいます。 育てて、須坂に恩返しの『里帰り広島平和カンナ街道』にもつなぎます。

個人的にはお配りしていません。『カンナ大使』に登録して下さり、橘を助けて下さる方々と、子どもたちと一緒に咲かせています。
子どもたちは、カンナを咲かせながら、優しい心、強い心を育み、日本にしかなかい、原爆の体験を語り伝えていってくれるでしょう!

平和で毎日安らかに暮らせるように祈ります。

世界中の子どもたちが、みんな自分の子どものように平和で安らかに暮らせますように祈りましょう!

橘は、お金もネルギーもこのカンナの植栽にそそいでいます。

そして、たくさんのカンナ大使のみなさんが、橘を応援して下さることが、橘のエネルギーの源です。

ありがとうございます。

そして、カンナ大使のみなさんは、世界平和に少しだけでも貢献されている尊い方々です。

橘がカンナから元気をもらったように、今度は橘がみなさまに元気をリレーしたいです。

でも、橘が疲れてヘトヘトになったら今度はみなさまが助けて下さいます。

世界中の人の心にカンナの花が咲いた時、きっと世界は平和になると信じているのです。

いつか、人生が終わったら、空に咲く真っ赤なカンナ街道を目指して歩いて行きましょう!

そこは、田辺さんが咲かせている、天国のカンナ街道です。

いつか、天国のカンナ街道で再び、カンナ大使のみなさまと一緒にカンナを咲かせるのだと思います。

できる時に出来ることを出来るだけ

これが長続きの秘訣です。

みんなで平和と希望の花を咲かせましょう!

世界中の人の心に平和と希望の花を咲かせましょう!

今年は田辺さんのご子息さまが、カンナの球根を送って下さっています。

田辺さんの善意の意思をついで……

ありがとうございます。二人の田辺さん!

そして、須坂の三木市長、そして須坂の職員のみなさま、そして、須坂の町のみなさま!

ありがとうございます。ありがとうございます。

橘は頑張ります!

2011年5月23日 (月)

ニュース 新聞掲載のお知らせ


プレス関連ニュース

2011年5月20日朝刊

中国新聞
「力強いカンナ、被災地にも」

読売新聞朝刊広島
「復興願いカンナ株分け」原爆の焦土に咲いたカンナ株分け、復興願い被災地に…

2011年5月 9日 (月)

明日に咲く花

読売新聞4月28日

被災者へのティーホスピタリティで出会って、何とか約束を守りカンナの球根などを渡すことがかなった明日香ちゃん。彼女の記事がまた載っていると、ティーホスピタリティのお手伝いのお母様から写メールを頂きました。

記事によりますと、明日香ちゃんは福島に帰ったということでした。

詳しくここには書きませんが、知らない東京で養護施設に行くと前述の記事にはありましたので、故郷に帰れたことは良かったとおもいます。

カンナの球根を育てられる環境なのかわかりませんが、明日香ちゃんがカンナを育ててくれたらうれしいです。 育てられる環境にあることを祈ります。

明日に向かって咲く花に明日香ちゃんがなってくれることを願います。

明日に香ると書いて明日香ちゃん。明日に向かって元気に咲いてほしい!



« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »