« 長崎カンナ大使Fさまから「うれしいお便りありがとうございました」Fより | トップページ | 廿日市市立平良小学校で授業 校長先生が替わっても、伝えられる仕組みがほしいです! »

2011年6月19日 (日)

カンナ大使Aさまからのメール

凛保さん、こんばんは

今日の朝日新聞・朝刊の社会面(37ページ)に、凛保さんとカンナの記事が載っています

『復興の球根 広島から石巻へ』安田小学校の球根を、大谷地小学校へリレーした植樹の記事と写真です。

先日のブログに紹介されていた

点に始まり 天に広がる

本当に素敵な言葉ですね

この世に偶然はなく、すべてが必然だそうです。

人も、メッセージも、すべての出来事、出会い、偶然や奇跡、カンナ街道へと導かれ(道引かれ)凛保さんと出会う運命なのですね

中略
以下はモンサンでウェディングに立ち会ったご夫妻に女の子が誕生したお話です。名前は「ライカ」ちゃんだそうです。
以下Aさんのメールに続きます。

普段はローマ字表記で、日本語表記に当てた漢字は、荒れ地に咲く花という意味だそうです。
まるでカンナですね。

« 長崎カンナ大使Fさまから「うれしいお便りありがとうございました」Fより | トップページ | 廿日市市立平良小学校で授業 校長先生が替わっても、伝えられる仕組みがほしいです! »