« 同封された子どもからの手紙4月15日 | トップページ | 「復興の象徴は真っ赤なカンナと元気な子どもたちの声!ー大船渡小学校6月15日ー」 »

2011年6月28日 (火)

真っ赤なカンナの秘話   ありがとう!カンナ・プロジェクト香港チームの皆さんへ

キャシーお久しぶりです。ブログ読んで下さりうれしいです。つながっていますね。

私はフェイスブックを上手く使いこなしてはいないですが、拝見しています。

いつも大切にカンナを育てて下さっているのが伝わっています。嬉しく思っています。

香港にカンナ・プロジェクトの香港チームができたのですね。うれしいです。

ありがとうキャシー!

そして、今、Julyさんのカンナが咲いた知らせ見ました。

実は 言い難いことできょうしゅくで、迷ったのですが、つぼみが黄色っぽいのが気になります。

真っ赤なカンナのはずなんです……。大切に大切に育てて下さってやっと咲くという時に、とても言いにくいことなので、なかなか、言えないでいたのですが、やはりどうしても大事なことだから思い切って書きます。

カンナ・プロジェクトのカンナは真っ赤なカンナに意味があるのです……。冊子には書いたのですが、秘話を聞いて下さい。

今から66年前、原爆が投下された広島で、人々は原因もわからず、痛みと苦しみにのたうち回っていました。75年は草木も生えないと言われた絶望の瓦礫の焦土に、一ヶ月後、爆心地から820mのところに真 っ赤なカンナが咲いたのです!

生きられるんだ!生きるんだ!という希望と勇気をもらったと思います。

時は巡り、2004年、一人の女性がこのカンナに出あいました。私、橘です。 この一枚の写真に魅せられた私は創作浄瑠璃カンナの物語を書きました。白黒の写真は真っ赤なカンナと感じました。

しかし、本当は何色だったのかずっと気になっていました。

2006年、写真を撮った人を調べました。松本栄一さん。朝日新聞の記者でした。

住まいは東京の池袋近くです。しかし住所を訪ねると、そこは駐車場。

夕暮れの路地で途方にくれていると、犬の散歩の男性が、亡くなったと教えて下さいました。大家さんを教えて下さいました。 夕食時でしたが思い切って訪ねました。

2004年12月亡くなったと。記者さんだから忙しく飛び回る生活だったので、近所付き合いはなかったと。息子さんがいること。葬儀は息子さんがしたと。

あ~もっと早く探していたら、お話を聞かせて頂けたのに、真っ赤なカンナか確かめられたのに……。 カンナの物語とCDと冊子を見て頂きたかったと思いました。

「後悔先にたたず」この日から私のカンナの旅が始まりました。

息子さんを探しました。松本保さんとおっしゃいます。渋谷でお会いして、松本栄一さんの墓前に冊子とCD を手向けて頂きました。

保さんは、絶版になっている一冊の本を下さいました。

その本のたった一行、「真っ赤なカンナが咲いているのを見て安心した」とあったのです! (出展 母と子でみる原爆を撮った男たちP176 草の根出版会)

フィクションではなく、真っ赤なカンナだったのです。 瓦礫に咲く真っ赤なカンナ  どんなに勇気と希望をくれたことでしょう…こだわるようですが、私はやはり真っ赤なカンナを希望と勇気、平和のバトンにする事に意味を感じるのです。

そのあと復興で球根は根こそぎ取り除かれなくなりました。人々の記憶からもきえました。

60年ののち橘が再び、人々の心にカンナの記憶を咲かせようと、カンナプロジェクトを展開しました。

花はみんな大切です。私たちに様々な「気」をくれます。私も黄色いカンナも大好きです。 かつての私の家の庭にも咲いていました。大好きな色です。だから言うのをためらったのですが……、 やはり赤なのです・・・・・。

もうひとつの秘話は須坂の田辺さんです。

広島にも雪が積もるところがあります。子供たちのと咲かせるのに失敗させてはかわいそうです。雪に強いカンナを探しました。

ある日友人からメールが突然あり、須坂にカンナ街道があるよ。と。

真っ赤なカンナでした。老人クラブを救った球根でした。子供たちと植える球根にふさわしいです。田辺さんが橘の活動に感動し、無償で送って下さることになりました。

2010年9月田辺さんは亡くなりました……私は 田辺さんの善意を汲んで田辺さんから子供たちのの手がたくさん加わり育ててきた球根をバトンしたいのです。

カンナはたくさんの品種改良が施されています。しかし、カンナプロジェクトのカンナは真っ赤な田辺さんから頂いた球根をリレーしたいのです。

今、植物学者でカンナの研究の第一人者田中先生に問い合わせています。

とりあえず、成り行きをお知らせ致します。

以上キャシーに送ったメールです。

本当に皆さんのことはいつも大好きで香港や日本で会えるときはいつも会います。

カンナのことも大切にしてくださるのです。複雑な心境です。

先生のお返事をお知らせします。その花も大切です・・・・・

262120_10150353363514112_833634111_.262120_10150353363519112_833634111_

CannaProject-Hong Kong Team の Julie Ng さんが大事に育てて綺麗に咲いたカンナです。しかし・・・・・

.

« 同封された子どもからの手紙4月15日 | トップページ | 「復興の象徴は真っ赤なカンナと元気な子どもたちの声!ー大船渡小学校6月15日ー」 »