« 6月13日RCC、朝日新聞取材 大谷地小学校へ | トップページ | 日本一の道の駅 »

2011年6月21日 (火)

土地勘のない私たちの案内をしてくださったのはSさん ありがとうございました

Photo_2
 宮城の学校は、すぐ隣町といっても広島のようなわけにはい 
きません。私どもだけだったらとても回れませんでした。H先生 
に紹介していただいた秋田の方が、ご自身の仕事と併せてご 
案内くださいました。おかげさまで迷わず、訪ねることができま 
した。Sさん、H先生ありがとうございました。 
 広渕小学校も、詳しくはきいてなかったとのこと、資料をお渡 
ししてお話しさせていただきました。球根を植えておいていた 
だくことにして、改めて、子供たちに向けて話をさせていただけ 
ればとお伝えしました。ここには平良小学校の球根をバトンし 
ました。平良小のメッセージカードのコピーを添えました。 
 次は、蛇田中学校です。こちらでも詳しくは聞いていなかった 
とのこと、校長先生がお留守でしたので、教頭先生にお話をさ 
div style="mso-char-wrap: 1; mso-kinsoku-overflow: 1">せていただき、ご賛同いただきました。球根を植えておいてい 
ただくことにいたしました。次回東北に来るときには計画を立 
てたいです。こちらには、安田小学校と戸坂小学校の球根を 
バトンしました。 
 次は、万石浦中学校です。すべてH先生からメールでいた 
だいた順番に回ります。今までの学校は、比較的被害の少    
なかった地域の学校でした。体育館は避難所になっていても
学校は無事で児童生徒たちも無事というところでした。このように被害の少ないところを走っていると、この石巻というところも、すばらしい景色の広がる長閑な良いところとしか表現できません。いよいよ、この次に行く地域は海に近く被害の大きいところです。 
 
 道の両側の建物は壊れ、電柱も倒れ、 
校庭の遊具もひっくり返っている。建物 
はかろうじて姿をとどめてはいても、ガラ 
スは打ち破られ、カーテンは引き裂かれ  町中なのに舟があったり・・・・。液状化も見られます。学校は更に海の近く。ところがこのあたりはなんとも無いのです。閑静な住宅街です。何事も無かったかのような風景です。学校も無事でした。 後で伺いましたが、湾に押し寄せた津波は、入り組んだ湾内に押し寄せられた舟がブロックになり津波はこの地域のほうには上がらなかったそうです。本来なら、ここももちろん津波の通り道です。九死に一生を得るとはこのこと、何が因果かわかりません。 
 
ここでは、ちょっとしたハプニングです。私が、万石浦小学校を中学校と勘違いしたことです。わざわざ、小学校に着いたのに、Sさんが仕事でこの小学校に行くというのを見送って中学校に行ったのです。 
なんだかわからないのに校長先生も教頭先生も良く話を聞いてくださいました。良い話なのでカンナ植えます。といっていただいて、よくよくメールを見たら、なんと、小学校のほうでした・・・。お詫びをして急遽小学校に電話をいれ、事情を話しました。まったくの勘違い、お恥ずかしい限りです。穴があったら入りたい思いでした。要するに約束のないところに行ったのに、知らぬが仏だった故に、堂々としゃべってしまえたのです。              
怪我の功名。ここでもカンナが咲きます。ここには安田小学校の球根がバトンされました。その後急ぎ小学校へ行きました。校長先生がおかしいなあ、こないなあと思っていたとおっしゃいました。本当に申し訳ありません。昨日から一覧表にマーカーでしるしをつけて準備していたのが私の間違いだったのです。お詫びをして、お話しさせていただきここにも安田小学校のカンナが植えられました。 
ハプニングはあったものの、学校はすべて回ることができました。帰り道はまた被害の大きかった地域を走りH先生にご報告です。昨日も宿に着いたのは真夜中、朝も6時に出発。今日は夕食ままでには宿に着くようにとご配慮をいただきました。 
1件だけ、道の駅に寄るようにと薦めてくださいました。 

« 6月13日RCC、朝日新聞取材 大谷地小学校へ | トップページ | 日本一の道の駅 »