« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

このガイガーカウンターが威力を発揮した「福島下見の旅」 

福島での「第一回こどもカンナ・サミット」の下見に行きました。

このベラルーシ製のガイガーカウンターが威力を発揮してくれました。

正直、こんなに顕著に数値が出るとは思わなかった・・・・。

本当に高濃度のスポットがある・・・・。

子どもたちの身を預かるのですから、下見が必要と思い出かけましたが、いろいろなことが見えてきました。

きやすめにと身に付けたガイガーカウンターでしたが、きやすめなんかじゃなかった・・・・。

「ガイガーカウンター」いまや子どもも知っている、放射能測定器です。

いかにもそれらしい名前?!

ところがこの名前、実は人の名前のようです。放射能測定器を発明した人の名前なのです。

1882年に生まれ1945年に亡くなったドイツの物理学者です。

厳密には、ガイガーさんとミュラーさんが考案したもので、「ガイガーミュラー計数管」というのだと辞書に書いてありました。1928年に考案されたそうです。

1945年・・・何月になくなったのでしょうか・・・?

広島・長崎の原爆投下の日は生きてらしたのでしょうか・・・・?

皮肉にも1945年に亡なくなっています。

安田小学校のカンナです

私のたからもの 長束小学校のカンナ天使たちからの手紙です

終戦記念日に大船渡小学校の第1号のカンナが咲きました

大船渡小のカンナ咲きました

2011年8月18日 (木)

カンナ大使NO.149長崎のIさんのユーチューブに載せるコメントです

カンナ・プロジェクトの橘凜保です。 I さんはカンナ大使No.149です。カンナがご縁で出会った大切な人です。その I さんはArtistとしてカンナプ・ロジェクトに自分のできることとして『カンナの歌』を作って下さいました。長崎の Iさんの平和を祈る心が込められています。世界中が平和で、子どもたちがすくすくと育つ日常を一緒に祈って下さい。Iさん、一緒に世界中の人の心にカンナの花を咲かせましょう!

このメッセージはIさんのユーチューブで一緒に流れます。

いつかこの曲が売れたら、カンナ・プロジェクトに寄付してくださるそうです!

カンナは平和と希望と元気、勇気をくれます。カンナから力をもらった人は。次の人に分けてあげてください。きっと平和になります。カンナ大使の皆さんが活躍していることが何よりうれしいです。世界中の人がカンナ・プロジェクトに参加して活躍したら必ず世界は平和になります。

以下 Iさんからの8月9日長崎原爆記念日に届いたメールです。

今日は長崎の特別な日です。
先日から言ってましたオリジナルイメージソングがもう少しで完成します(この日までには完成させたかったのですが仕事が忙しくて・・・)。
先に歌詞をお送りしますが気になるようでしたら橘先生の想いに差し替えても構わないと思います。
下記の歌詞は参考にしていただいてもいいですよ!文字数を揃えていただけたら作業が助かります。歌は娘に歌わせようと考えております。
カ ン ナ
はなびら そよぐ風 夏の匂い 想う    あの日の 出来事に 眼を閉じて 未来思う
ノッポの 赤い花 灰色の街に 咲いた  青空 セミの声 みんな 笑顔を願う
手と手 つなぐことも ひとり 紡ぐことも  赤い カンナの願い ひとつだけ
小さな 球根は どんなことも 笑顔に   変えることも 出来る  ずっと・・・ ずっと・・・
眼と眼 語ることも ひとり 見つめるも   赤い カンナの願い ひとつだけ
小さな 球根は どんなことも 笑顔に    変えることも 出来る  ずっと・・・ ずっと・・・

キャッチフレーズを世界の言葉で・・・・

カンナをバトンした国の言葉で書いてみました。

カンナで繋ぐ平和のバトン  世界中の人の心に平和の花を咲かせましょう

(日本語)

LA   STAFFETTA   DI PACE POROTATA DAI FIORI DI CANNA

POSSANO I FIORI DI PACE  FIORIRE NEI CVORI DELL’ UMANITA INTERA  (イタリア語)  カンナ大使No.156

Vous  etes les ambassadeurs du canna qui contribuent a la paix dans le monde. (フランス語

)   カンナ大使No.52

Relevo  hacia la  paz  mediante la  flor  canna.

Hagamos  florecer  la  paz  en  el  Corazon de todos  los humanos(スペイン語)

  カンナ大使No.69

譲美人蕉成為連繁和平的接力棒、使世人的心裡都開着和平的花(中国語)

カンナ大使No.70

.

2011年8月17日 (水)

ヴァチカンで生出演の取材

2011年8月3日  ローマ法王様に大船渡小学校の子どもたちの色紙とカンナが届けられました。色紙の子どもたちの言葉には、Dさんがイタリア語の訳を付けてくださいました。

テレビ局の生出演の様子です。イタリア語でつたえてくださったDさんは、カンナ大使になってくださいました。156人目のカンナ大使です。

2011年8月15日 (月)

賛助会員第1号に福島のカンナ大使さんが名乗りをあげてくださいました

「社団法人橘流恕学アカデミー」 賛助会員第1号に福島のカンナ大使の方が登録してくださいました。ありがとうございます。うれしいです!

 カンナはライフワークになりました。7年間自費を投じていたして参りました。

 バトンを繋いだ学校が120校、フランス、ヴァチカン、スペイン、香港にも繋がりました。

とても1人では難しくなりました。組織にして、資金を生み出せるようにすることと、引き継いでいけるような体制を整えることが必須になったのだと思います。

7ヶ月、迷いに迷ったのにもかかわらず、設立のアドバイスをしてくださった方がいらっしゃいます。2年後、非営利社団法人にすることを目指してすすめていくことにいたしました。

社団法人のネーミングは迷いました。社団法人カンナ・プロジェクトにしなかったのには理由があります。

寄付や会費だけに頼らず、私自身の仕事の収入もカンナに反映させる為です。

仕事とカンナ・プロジェクトを分けたほうが気は楽です。

仕事とカンナを一緒にすることで、覚悟を決めました。

「恕」は孔子の言葉です。弟子が孔子に訊ねました。「生涯をとおしてすべきことをひとつだけあげるとしたら、それは何ですか?」と。

すると孔子先生は「それは恕ではないかな。己の欲せざるところ人に施すことなかれ」とおっしゃいました。

私は、子どものころから、この言葉を祖母にいわれて育ちました。

マナー講師になったのも、きっとそのことによるかもしれませんね。

当法人では、カンナとのであいを通じ、カンナをリレーすると言う行動の中で得られたことを「恕」の考え方とあわせて、橘流に紐解いてお伝えする学問体系として、子どもから大人まで。、多くの方々に学びを提供していきたいと考えております。

そのような理由から 社)橘流恕学アカデミーと名付けました。

私も仕事をがんばり資金を入れますので、皆さまも、どうか賛助会員となっていただけますようお願い申し上げます。または「カンナ天使基金(子どもたちの活動を助ける基金)」に寄付をお願いいたします。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。Hさん、あたたかい応援ありがとうございます!

カンナ天使基金にご賛同お願いいたします

カンナ天使基金

カンナ・プロジェクトにかかわりカンナをバトンリレーしてくださる学校の子どもたちは皆

「カンナ天使」です。カンナの話を聴いているときの子どもたちの顔、カンナを植えているときの子どもたちの優しい手、天使のようです。

かがんで土をかけてくれているときの背中には羽が生えているようです。この子どもたちが堅実な未来を、平和な地球を築くのです。

この子どもたちに、広い見聞の機会を与えたい。

今回ローマ法王様謁見に子どもたちを連れて行くことができたら・・・・、そう思いました。

自分の旅費もままならないくらいですから、子どもたちを連れて行くことは不可能ですが、

社団にしたのは、そのこともあってのこと。「カンナ天使基金」を作りました。

子どもたちこそ、いろいろな体験をして見聞をひろげてほしい、感動してほしいと思います。

きっと、私が行く以上に、子どもたちは将来の役に立ててくれるでしょう!

私1人の力ではできないことを、皆様にも手伝っていただいて実現させたいと思います。

社団の名前を「橘流恕学アカデミー」にしたのは、寄付や会費だけに頼らず、私の仕事での収入もカンナ・プロジェクトに使うためです。

私も本業でがんばってカンナ・プロジェクトの資金にいたします。どうか皆様も基金に、子どもたちに、投資してください。どうかよろしくお願いいたします。

そして、一緒にかかわっていただけますよう、助けてくださいますようお願いいたします。

皆様の基金で、たくさんの子どもたちに感動の体験をさせてください!

9月の「第1回こどもカンナ・サミット」は福島のカンナ天使の交流です。

詳しくは、後日掲載いたします。寄付の額によって人数も限られますが、目標額は15万です。どうぞよろしくお願いいたします。

成田から羽田へ カンナ大使No.50M先生と会う

成田について直ぐ、東北福島と岩手にカンナをリレーしてくださったM先生と会えました。

夏休みに東北に一緒に行きたいとお話ししていましたが、ヴァチカンが決まり断念しました。

M先生は霧島のYさんの物資の積み下ろしを申し出て、カンナリレーと共に大役を果たされました。

M先生も自費での参加。Yさんも自分の8トントラックに物資を積んでフェリーと高速で片道30時間もかけて水や米他必要なものを募って、届けていらっしゃいます。4月5月8月と3回目にM先生もいかれました。

先生からお話伺いホームページ拝見しました。Yさんや霧島の方々の気持が伝わります。

カンナだけでいいのかな。他にできること無いかなと・・・・。保育園の子どもたちを見ていると、本当に何とかならないのだろうかと思います。

でも、私にできることはカンナ。広島では原爆にあいながらも、長生きの方々がたくさんいらっしゃいます。

しかしながら、善意ばかりに頼らず、根本の解決をのぞみます!!

原発の脅威から一日も早く救ってください。このあどけなく笑う子どもたちをみたら、根本的な解決をお願いします!

9月に、法人化して初めてのカンナ天使基金を募っての「こどもカンナ・サミット」に福島に出かけます。現地でのボランティアとカンナをリレーした子どもたちの交流を通して学び、親交を少しでも深めたいです。

寄付金の額にもよりますが、できるだけのことをしてきたいと思います。

皆様、基金によろしくお願いいたします。寄付の額で連れて行けるカンナ天使の人数が決まります。一人でも多くのカンナ天使を連れて行きたいです。

地元から避難している子どもたちや避難できない子どもたちと、カンナを通した交流をします。

詳しくは橘流恕学アカデミーのカンナ天使基金のページをご覧下さい。

M先生がリレーしてくださった学校等にごあいさつに行きます。保育園にもカンナを届けます。

私にはこれくらいしかできないことが・・・・・・・

物資も集めたい。何が必要か。カンナで元気や勇気も受け取ってくださればと思います。

ヴァチカンでのこと

ヴァチカンでのことは書きたいこと、写真もたくさんたくさんあって書ききれません。

メールマガジンを作りましたので、そちらにゆっくり書かせていただくことにします。

取り急ぎ各メディア、アクセスできるところを載せますので、是非ご覧下さい。

ヴァチカン・ラジオの記者さんの家(ローマ)にカンナが咲いているので、お互いにとても親しく感じました。

ヴァチカンラジオ配信記事(日本語版)

http://www.radiovaticana.org/gia/Articolo.asp?c=510098

テレビ生放送出演  TV2000 (イタリア語)

http://www2.tv2000.it/s2ewtv2000/s2magazine/mediacenter_v3/vedimedia.jsp?title=Castelgandolfo+3+agost+2011&id_sito=1&stato=1&url_media=http%3a%2f%2Fpodcast.glauco.it%2Fclip%2Fsat2000%2F.%2Fasx%2FZe5a2842982121.asx

新聞記事

OSSERVATORE  REMANO 2011.8.4

大船渡小学校の子供たちの色紙にイタリア語訳をダリオさんが書いてくださり、ローマ法王様にお渡し申し上げたことの記事です。ダリオさんはイタリアの方でカンナ大使No.156です。おかげさまで新聞もテレビも何とかなりました。感謝しています。テレビ一緒に出ています。

日本語訳を見て少し違うところもありますが、(岩手を福島と思い込んでいるところ。東北は皆福島みたいな・・・・)

子どもたちのメッセージは伝えてくださっています。日本語訳のすべては橘流恕学アカデミーHPに掲載していますのでご覧下さればうれしいです。

ヴァチカンから帰りました。もう少しブログ書けることになりました

法人設立に伴い、閉鎖する予定だったこのブログ。もう少し書けることになりました。

このブログを読んでいただき、少しでも一歩を踏み出していただけるような気持になって、元気や勇気を感じていただければと思っています。

久しぶりに書きます。

7月27日、設立決心、朝から、定款作り、公証役場にFAXで確認と同時に車で提出に向かう。途中、漢字表記すべき及びがひらがなとのこと訂正を連絡あり。引き返して、打ち直して、印刷。再び公証役場へ。果たして間に合うか・・・・。精一杯走って間に合わなかったら設立はやめよう!そう思いながら走りました。午後5時5分前到着。受理。

ぎりぎりセーフで間に合いました。受理から1時間後、ヴァチカン行きが正式決定しました。

カンナを植えた小学校の周年行事の会合に出席。今年はカンナの開花が遅く、東京ではここだけが咲いていました。(取材してくださった日本教育新聞社の記者さんがあちこち電話してわかりました)

ヴァチカンに届けるために必要だった花の咲いているカンナが今まさにここだけにあったのです。

設立受理―ヴァチカン正式決定―カンナの開花ーなんと不思議な整い方でしょう!

設立は正しい選択だったのでしょう。7ヶ月迷ったのです。

3日後に又茶道教室があるので、そのときにカンナを抜いて持ち帰ることにしました。

ところが・・・・。カンナを持って行く方が、30日午後発つことになりました。大変です。29日に再び学校を訪れカンナを届けることになりました。

こんなことなら、27日に持ち帰ればよかったと・・・・。ところが、27日に持ち帰れば、28日の日本教育新聞の取材の記事に真っ赤に咲いているカンナの写真はなかったのです・・・。

いつも危機一髪の不思議なめぐり合わせです。

写真は、そのカンナの写真も掲載された日本教育新聞の記事の一部を写したものです。

この記者さんはカンナ大使NO.141に登録してくださいました。

2011年8月 1日 (月)

Re:行ってらっしゃいませ斝蝱

Aさんありがとうございます。間違えないようにゲイトに向かいます(笑)

本当にありがとうございます。

道中、お気をつけて瑫

素敵な旅になりますように筠

ご無事のご帰国、お祈りしています。

Good Luck涪

あすから、鹿児島のカンナ大使M先生が、夏休みを使って東北に

鹿児島牧之原の若い先生が、カンナ大使です。いつも生徒会を指導している、穏やかな熱血先生です。

明日から、福島、仙台、石巻、大船渡に霧島と奄美大島のカンナを持って行きます。皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

困っていたら助けて下さるカンナ大使は福島会津若松のHさんと石巻のH先生です。ダブルHですが、とても紳士です。
大船渡のK先生もスタンバイして下さっているそうです。こうやってみんなが知らないところでつながっていくのは、平和でいいです。

辛い災害があったけど、辛さ以上に優しさや喜びがあれば復旧→復興→復活です。
M先生をよろしくお願いいたします。 M先生カンナよろしくお願いいたします。
先生は鹿児島から東北へ
私はバチカンへ
同じタイミングですね。

Re:All the Best in バチカン〜 ^o^

香港のキャシーは東北にボランティアに行きたいと言っています。
香港から有り難いです。


先生、ありがとうございます〜!
バチカンの旅、成功をお祈りいたします。(^o^)
東北の旅、楽しみにしています。では、またメールいたします〜

私には151人のカンナ大使がいるから頑張れます お返事ありがとうございます。これものせちゃう


これまでの活動に芽が出たんですね!!水を撒く努力の賜物ですね!
今、少し忙しくなったのでオリジナル曲は暫くお待ち下さいませ。
頑張って下さい。

ありがとうございます。


橘凜保様
こちらこそ お忙しい中お時間を作って頂きありがとうございました。
早速『カンナプロジェクト』拝読させて頂きました。
橘凜保先生のひらめきと行動力すばらしいですね。誠に勝手ながら人生のお手本にさせて頂きたいと思います。
また弊社スタッフ一同非力ではございますが陰ながら応援させて頂きますので,今後とも
宜しくお願いいたします。
それでは道中お体にお気をつけて。

お返事うれしいからのギリギリまでのせちゃいます。


そうか長くメールかえつて来ないので心配していました。今日出発ですか。8月はものすごくスケジュール・・平和の原点広島市被爆二世の平和の会社発足運営委員で活動中。
8月5日は広島市南区似島(にのしま)にて第5回以島船上追悼イベント。まだ原爆死没者の遺骨が2万少し眠り続けています。今年も以島の慰霊碑に『平和の灯』を点灯して追悼イベントをします。その他12のイベントで忙しいのです・・橘様気をつけてください・・とくに体調。
※梅干しは必需食品
改めて無事指名はたして帰宅願ってます。
元気で無事帰るのがすごいみやげです。
帰りましたらゆっくり話り会いたいですね・頑張って荑
草笛演奏家
岡内章二郎

こんなすてきなお返事、ブログは出発まで伸ばします


凛保さま
「バチカンにカンナ」、素晴らしいです。
凛保さんをこれから応援させてください。

お体に気をつけて。

Fwd: ありがとうございます。

本当に感謝の毎日です。ありがとうございます。ブログの場所はかわってもまだまだ続きます。これからもよろしくお願いいたします。

件名: ありがとうございます。


最後のブログなのですね。
拝見しました。
ちょっと残念なような良かったような、
とにかく前に進んでるんだと自分にとっても励みになっています。
いい旅立ちができそうですね。パッキング楽しんでください。
明日は早い出発なのでしょうか?
とにかく楽しいハプニングを期待しています。

いってらっしゃいませ。


これを持って出かけます。

これを持って出かけます。

29日が終了式だった大船渡のこどもたちの書いてくれた寄せ書きです。

法皇様に届けます。

かっこよく出かけたかったのに、またしても、ギリギリかも、今夜も徹夜になりそうです。

カンナ大使は154人になりました。みんなにメールを送ってたらこんな時間に……
これからパッキングです。
こんな私ですが、明日から頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。
飛行機間に合うよう祈っていて下さいませ。

ではSee you !

うれしい御返事 ブログを立ち上げてくださったD

こんばんは。
いよいよ出発ですね、おめでとうございます。
すでに準備万端ですよね今回はブログの書き込みは終了との事ですが
何かライブで発信していただきたいですね、Twitterでもいいですから
ハプニングなど交えて楽しい出来事をお知らせ頂ければと思います。
iPadやiPhoneなど駆使できればいいのですが(笑)
写真入りのGメールが一番嬉しいかもしれません。
何はともあれヴァチカンでカンナを植える事でもっともっと世界に発信できると
信じています。
今は一緒にやってきて良かったと思っています。
今後も今まで同様よろしくお願いします。
とにかく今言えるのは『やったー!』ですね。
旅の無事を祈ってますので帰ったら楽しい報告をお願いします。

行ってらっしゃいませ。

  

うれしいお返事 助成金をとってくださったH

ご無沙汰しています。暑い日が続いていますがお元気ですか。カンナ大使ですが、是非登録させてください。よろしくお願いします。

うれしいお返事 香港チームから

先生、メールありがとうございます。
バチカンにカンナが植えられて、おめでとうございます!明日バチカンの旅、all the Best! 後でいろいろなことを聞かせてください ^o^ 8月1日から「社団法人橘流恕学アカデミー」のホームページにのブログを読み続きます~ 皆に「社団法人橘流恕学アカデミー」と先生の個人アドレスをお知らせしました。
では、バチカンの旅、気をつけてください。 

うれしいお返事 石巻でお世話になったS

No150 のカンナ大使です。
恐縮しています 多分 子供さんの笑顔が大好きなのは 凜保さん H先生 同じですね

私も ちょっとした事から 石巻市の子供さん逹との関わりあいが出来ました
先ほどは 主に石巻市で撮影された映画「エクリール お菓子放浪き記」という戦中の設定映画を見て来ました
やはり 争いのない 平凡な生活が出来る毎日が何より と思います

気を付けて 行ってらっしゃい
お土産話 沢山お待ちして居ます

忙しい時期と思います 返信不要です

 落ち着いたら ゆっくりと

うれしいお返事 石巻のHH先生

おめでとう
気をつけてください。今大河内SAです

うれしいお返事  茶道の子どものお母様

今回のカンナ植樹は、先生の今までの素晴らしい行いの成果だと思います。
先生を応援している皆さんの気持ちを、是非カンナに託し植樹してきて下さいね〜。

これからも、ずーっと陰ながら応援しています。

お身体を大事に、気をつけて行って来て下さいね〜。

うれしいお返事  茶道の子どものお母様

カンナ大使No.143です(笑)ありがとうございます。昨日はお世話様でした。

明日が私、誕生日ですので、忘れられない日になりますね
これからのカンナプロジェクト大きな力にはなれないとはおもいますが、少しでも…忘れれないでいることこそが、意味があると思います。
まずは中北のカンナを大事にすることから…(笑)
息子とも話して、自由研究で発表出来たなら良いな〜と思いますが…
今、小冊子読んでいます
気をつけて行ってらっしゃ〜い。

うれしいお返事  モンサンでであったAさん

凛保さん、メールありがとうございます
カンナは無事旅立ちましたか(笑)?

いつもにも増して、お忙しい1週間だったと存じます。

新しい旅立ちの日をこうしてお迎えになることができたのは、凛保さんの意志の強さ、情熱の深さですね

おめでとうございます

うれしいお返事  スペイン語の大学講師Aさん

おめでとうございます!暗い世の中で、明るいニュース、ありがとうございます

スペインのVさんたちに伝えておきます。気をつけて行ってらっしゃい

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »