« 布泉のつくばい | トップページ

2011年9月25日 (日)

人の心に咲いた「カンナ」

花はあちこちに咲きます。しかし、花たちは、ちゃんと場所を選んで咲いているのかもしれません。
花が美しいのにも理由があります。虫を魅了するためです。花も子孫を繁栄させる使命を持って生まれてくるのだそうです。

人は、花を見て美しいと感じ癒されます。
四季を感じとることができます。
健気に咲く花に勇気をもらいます。
大切な人を偲ぶこともあるでしょう……。

ひとりひとり違う想いを秘めているかもしれません。
花が人と人を繋いだとき、花は社会性を持ち、社会の一員になります。カンナは今、少しずつ社会の一員になっていくように感じます。

ひと昔前には、どこにでも咲いていたカンナ。
電車の走る線路脇に、駐車場の片隅に、誰が世話するわくでもないのに、毎年毎年、健気に元気に咲いていました。
今はカンナの花を見なくなりました。
鉄道も整備され、手の加えられた植物を咲かせ、ほとんどの電車は地下に潜りました。

今、私はカンナを咲かせるリレーをしています。

時々、うれしいメールがきます。
「今日、カンナが咲いているのをみました。橘さんのことを思い出しました。世界が平和であることを祈りました。」
「今年もカンナが咲きました。毎年見ていたカンナなのですが、今までとは違った感じでみています」

カンナに意味を持たせて下さったのだと思います。
ローマのバチカンラジオの記者さんの家の庭にも毎年カンナが咲いているそうです。
「今まで、ただそこに咲いているというだけのカンナでした。今年は、もっと大事にしようと思いました。」

カンナは人の心に咲いたのです。

平和は戦争がないということだけではありません。

« 布泉のつくばい | トップページ