『平和の花―カンナ』

『平和の花―カンナ』とは→

1945年8月6日、世界で始めて核爆弾が広島に落とされました。一瞬で13万とも17万とも言われる命が奪われ、瓦礫の焦土と化した大地には75年は花は咲かないだろうといわれていました。ところが、その焦土にたったひと月余りで咲いた花がありました。真っ赤なカンナの花です。放射能にも負けずにわずかひと月で芽を出し咲かせた花カンナ。しかも爆心地から860m(820m説もあり)というところに咲いたのです。人々は生きる力をもらったと思います。一人の記者が取材の途中で見つけて、思わずシャッターをきりました。・・・・現在、広島平和資料館出口最後にその写真が展示してあります。
核という大きな威力を備えた恐ろしい武器も、小さな尊い命を消し去ることはできなかった・・・。生きようとする命や、人々の勇気や希望を奪い去ることはできなかったのです。

Canna02


Cdfdcanna01